EXECUTIVE BLOG

社長&顧問ブログ

2019.10.4

先手先手

高光産業株式会社 妹尾八郎です

 

昨日からの続きです

 

商店街での くじ引き企画

時々見かけますよね

 

あれは 一過性のサービスとしては 面白いかもしれません。

 

目的は集客のために行っているのでしょう。

 

しかし その企画をしていることを広く告知しなければなりませんので

先ずそこにお金がかかると思います。

 

多分時期としては 季節の変わり目が多いのではと思います。

 

消費者も どうせ買うならば くじ引き企画の店で買い物して

抽選券をもらって あわよくばアメリカ旅行があたれば万歳なんて気分で

抽選するのでしょうね。

 

しかし これは なかなか当たりませんし

そもそも 総額100万円とかであれば その原資はいったい誰が用意するのか??

 

また 買い物した人たちの情報は収集されているのでしょうか?

 

多分されてないので 毎年 そこで 大きな広告費用を使わなければならない状態に

なるのです。

 

それの繰り返しですよね

 

これは ITが無い時代では 当たり前の事でした。

 

今は ITの時代ですし 買い物事態をネット通販で買う人が増えていることから

考えると売り上げもどんどん伸びてるとは思えませんね

 

地方の商店街は見るも無残で 私の本籍地にある田舎の商店街は

それは 昔は 繁栄してたようですが 近くに大型ショッピングセンターが

出来ると 人はそちらに流れてしまい だんだん売り上げが減り

売り上げ減ると 改築もできずに 店自体が古くなる

まあ人が来なくなると言う悪循環になっているようで

 

とうとう 最近その商店街を通ったら なんと空いてる店が 一件か二件だけで

悲しくなりました。

 

しかし いまさら手を打つことが出来ないのでしょうね

 

手を打つのには まだ 余裕がある時に打たなければなりませんが もうだめだというときに手を打とうとしても手遅れなんです

 

これは 病気もそうですよね よく医者が こんなに悪くなる前に来たら助かったのに

との言葉を何度か聞いたことがあります

 

早め早めの対策が必要なんです。

 

 

話は 又飛びますが 少子化の時代にはいり 大学も経営が危機になると聞いたことがあったので 前に 大阪にある私立大学に行ったときに 

少子化になり 大学経営も大変なんでは? と質問した時に

こちらの意に反して 

担当者は 大変ではありません と答えるのです。

 

私は てっきり そうなんです 大変なんですよね

とか 回答されると思ったのですが この返答には

驚きました

 

しかし

あとで 真意を聞いて納得したのですが

 

かれは

 

一体

何を??語ったのか???

 

それは

 

明日に続く。。

 

 

高光産業株式会社 公式サイト

https://takamitsu.com/

 

高光産業株式会社 妹尾八郎監修の書籍

 

高光産業株式会社 妹尾八郎監修の書籍(Amzon)